占いに本気で興味を持つ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-KAZ75_robounohana-thumb-1000xauto-17199

“昔から占い好きの私にとっては、必ず当たるとされる占い師に巡り合えることを望んで常に生き続けています。いつか、金運に恵まれると思い、以前の言葉を信じて続けていますが、全くといっていいほど、そのチャンスは到来していません。その一方において、私の同僚は、宝くじを当てたり、競馬の高配当を当てたりと、運に恵まれている人もいますので、不思議で仕方ありません。
なぜ、私だけが金運に恵まれていないかと頭を悩ませることもしばしばあります。当たる占い師に巡り合う方法があったら教えて欲しいものです。先月も今月もお小遣いが途中で足りなくなり、家族に頭を下げて借りるという始末です。本当に情けないものです。恋愛や仕事については、順調そのものなので、問題ありません。とにかくお金だけについては、早く何とかしてもらいたいものです。”


●占いに当たる方法はあるのか●

“私は占いは大好きですが、当たるとは思っていませんでした。
しかし、結婚に焦る33歳の時に占い師に、田舎ののんびりしたところの公務員と結婚しなさい。家族との時間がとれない人とはあなたには合わないと言われました。
そんな人と出会うことなんてまずないと思っていたその年の夏に主人と出会い、ピンときて、私からアプローチをかけて結婚し、今は子ども二人と家族仲良く暮らしています。
あの時、占いに行かなかったら、のんびりとした田舎で暮らしていなかったかもしれません
誰かに心の焦りを聞いてほしいけど、友人や、家族じゃない人がよいということはあるかと思います。
当たる方法があるとすれば、自分の心に素直になることかもしれません。当たることが幸せに直結するとは限らないですが、真剣に話を聞いてくれ、導かれた言葉には、幸せになるヒントが必ず隠されていると思います。”


●占い通りにすれば幸せになれるのか?●

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_355215221321-thumb-1000xauto-17902“良く当たると評判の占い師に興味本位で見てもらうことにしました。
多くのお客が、女性もしくはカップルで若い世代でした。占いをしてもらう相談内容の大半が恋愛運、金運などでした。自身の順番が来て、中に入ると占いの方法は生年月日と名前から判断するものでした。最初に私の性格について話され、おおかたあてはまっていました。現在の恋愛の状況や相手の年齢や名前を告げると、相性も占ってくれました。相性はあまり良くなく、今後の付き合い方を変えるか新たな出会いに期待するというものでした。仕事運では、現在の職業は適しており努力次第で出世できることもある、また、上司との人間関係がトラブルとなることもあると言われ、確かに嫌いな上司がいてトラブルとなることもあります。
3000円の料金を支払って帰ることにしましたが、すべてあてはまっているとも感じるし、断定的な表現がされず、あてはめが可能とも感じましたが、いいアドバイスにはなったように思い、気持ちが切り替えられましたか。”


●子供の未来を予想してみる●

“私は子供が生まれてから、一体どのように育つのか、性格はどうなのか気になりました。
数ある占いの中で、最も当たりそうな四柱推命で鑑定してみました。年・月・日・時で鑑定し、生まれた時間も必要というのがよいと思いました。
二人の子供の性格は当たっており、どのような両親のもとに生まれるとか、兄弟のこともわかります。我が家は4人家族ですが、全員調べてみても当たっていますし、私と主人と長男は、真面目で世渡りが下手で転職を繰り返しています。ですがなんとか暮らしていけるらしいです。長男は人生長いですが私たち夫婦は、そのような人生ですし、主人と私は性格が似ていると思いましたが、日柱が同じでした。私たち3人は同じ空亡で生き方も似ているし、長生きするそうです。さて二男ですが、この子は安定を好みサラリーマン向きですし精神的にも安定しています。いろいろな方法あるなかで、この占いは当たると思います。”


●占いは本当に当たるかな、その方法を検証●

“新宿の西口にその人は長くいる占い師さんだ。当たるほうほうの検証だがどんな方法があるのか自分でも不明だ。占いは敷居が高くて今までにも
見てもらったことがまるでない多分みなさんもそうだと思うがでは、どうやったらその方法とやらを確認できるのか。多分、私の場合ですが今持っている悩みを解決できればそれが、私にとって解決方法であり占いが当たったとなるのであるう。幾分消極的ではあるがそういう事だと思う。その人の人生の羅針盤を示してあげるのも大事な仕事のひとつではないかと思います。迷っている人に道筋をつけてあげるのも必要であります。あてるなんてものはもともとないのではというのが私の結論ですが。その人が「人間関係は何処へ行ってもあるよと」と、その人が云ったのが印象的でした。もともと敷居の高い作業でしたが難しいですね。”